申請内容の確認(マイページ)

2020年8月31日(月)以前にマイページを開設し、 9月15日(火)19:00以前に本申請まで完了された方が対象です。

閉じる
メニュー
  • ホーム
  • 主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等のみなさまの「よくある不備」について

本ホームページは、2020年8月31日(月)以前に本申請を完了された方が対象です。

  • なお、2020年8月31日(月)以前にマイページを開設し、 9月15日(火)19:00以前に本申請まで完了された方も対象です。

本ホームページにて、各種情報の参照や不備による修正申請などの手続きが行えます。

2020年9月1日(火)以降に新規申請される方は以下のホームページより申請手続きが行えます。

>>「持続化給付金」事務局ホームページ(2020年9月1日(火)以降に新規申請される方)

主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等の
みなさまの「よくある不備」について

2020年08月17日

6月29日より、持続化給付金の対象となりました「主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者等の方々」に関してまして、現在、数多くの申請をいただいております。
審査が終わり次第、速やかに給付をさせていただいているところでございますが、申請内容に不備のある場合など、給付までに一定の時間を要する場合がございます。

これまでいただいた申請の中で「よくある不備」をまとめましたので、申請及び不備の修正を再申請するにあたりご一読いただき、申請前の確認にご活用ください。

申請方法・必要書類(証拠書類)について、詳細はこちら

通帳の写し(名義人及び報酬の支払いが分かるページ) に係る不備

  • 2019年の単月ではなく2020年の月にマーカーし提出いただいている
    → 2019年に業務委託契約があったことを証明いただく必要があるため、業務委託契約に基づく報酬が支払われたことが分かる箇所として「2019年の該当箇所」にマーカーいただきご提出ください。

業務委託契約などの契約書に関する不備

  • 契約の対象期間が2020年開始になっている
    → 2019年(A-3特例をご選択の場合は2018年)に業務委託契約があったことを証明いただく必要があるため、契約履行期間に「2019年の日付」が含まれていることが確認できる契約書を提出ください。
  • 契約書の甲乙の記名押印のあるページしかなく、契約の全容を把握できない
    → 業務委託契約書は内容確認のために、全ページスキャンいただき、ご提出ください。

支払明細書に係る不備

  • 支払明細書にて押印が確認できない。
    → 支払明細書を業務委託契約等収入があることを示す証明書類として提出いただく場合、支払者の署名または記名押印が必要となります。支払者の署名または記名押印のあるものをご提出ください。
支払明細書

「持続化給付金業務委託契約等契約申立書(事務局様式)」に係る不備

  • 持続化給付金業務委託契約等契約申立書に申請者情報と契約者情報へ記名押印はあるものの、1.業務委託契約等の業務内容、2.業務委託契約等の内容、3.業務委託契約等の報酬等部分が空欄による不備が多くみられます。
    → 下記の「持続化給付金業務委託契約等契約申立書」の雛型を活用して、すべての項目を埋めてご提出ください。

その他にも「添付書類全般に係る不備」や「確定申告書類等に係る不備」「売上台帳に係る不備」「銀行口座に係る不備」も多くみられます。詳細はこちらよりご確認ください。